スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウインクルセイドの近況
- 2006/07/20(Thu) -
◆7/14(金)

  美浦坂路 良 4F ~70.3~53.4~35.8~17.6 (8) 楽走
  美浦坂路 良 4F ~60.5~44.7~29.9~15.0 (2) 楽走
  美浦プール 直線2回。

 今朝のウインクルセイドは、午前中に坂路2本の登坂を消化し、午後からはプール調教といったメニューで調整が行われました。
 連日こちらでクルセイドの状態の良さをお知らせしていますが、今日は鈴木伸調教師からも嬉しい報告が二つ届いています。それは、「坂路とプールで調整してきたけど、ここまでしっかりとメニューをこなしていますし、順調ですよ。これからも少しでも脚に負担を掛かけないように、坂路を中心に調整を続けていきますから」というのがひとつ。
 もうひとつは、「そうですねぇ、今のまま順調に行ってくれれば、新潟の4週目くらいなら使えそうかもしれませんよ」というもの。なんと出走予定の発表です。
具体的には、8月5日の新潟土曜10R「信濃川特別」芝2000m。あくまでもクルセイドの状態を見ながらとのことですが、こんなに早く出走予定が聞けるというのは、嬉しい限りです。


◆7/19(水)

  美浦坂路 不 4F ~69.6~52.0~35.5~17.7 (7) 楽走
  美浦坂路 不 4F ~54.8~40.4~27.1~14.1 (2) 強め
併せ馬/ 3頭併せの内、中古馬1000万下タイムレスワールド馬なりに2馬身遅れ、外3歳未勝利ルートマスター馬なりに2馬身半遅れ。

 今朝のウインクルセイドは、坂路で追い切りがかけられました。帰厩後、初の併せ馬です。
 まずは1本目を楽走で駆け上がると、古馬1000万下タイムレスワールド、3歳未勝利のルートマイスターと共に、追い切りとなった2本目をスタートさせました。
 クルセイドとタイムレスが同時にスタート、1馬身の間隔を空けてルートが行き出したのですが、3F標識を過ぎた辺りから早くもルートに追いつかれ、そこから3頭が横並びになり、ラスト1Fのところでルートがグンと抜け出すと、タイムレスがそれに続き、クルセイドはどん尻。結局、先頭でゴール板を通過したルートには2馬身半の遅れを取って追い切りを終えています。
 この遅れについて鈴木伸調教師は、「毎週末の日曜にも追い切れているように、今のところ脚元は何事もなくスッキリしていますし、順調です」と全く意に介していません。むしろクルセイドの順調さを喜んでいる様子でした。
 稽古に乗った堤調教助手も「最後はいつも頭が高くなってしまいますね。今日もそうだったんですが、動きとしてはマズマズだったと思います。相変わらず煩さいですけど、調教は予定通り進んでいますよ」と、こちらからも笑顔のコメントが届いています。

スポンサーサイト
この記事のURL | ウイン愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウインレジーナの近況 | メイン | キャロット愛馬の近況>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nov521.blog34.fc2.com/tb.php/147-ef8a944c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。