スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シルク愛馬の近況
- 2006/07/07(Fri) -
☆シルクプラチナム [父サクラバクシンオー:母グラスファッション]

天栄ホースパークでパドック放牧中です。パドック放牧を続けながら、脚元の状態を確認すると、予定通り先週末に両前脚のエコー検査を行っています。獣医からは、両前脚ともに深管骨瘤の診断を受けており、特に右前脚は繋靭帯部分に慢性的な炎症も確認されています。右前脚に診断麻酔を行った上で、歩様の確認を行うと、左前脚の跛行を確認しており、今後暫くは放牧を続けながら、ショックウェーブの治療を施していくことになっています。尚、念のために行った別の獣医の診断でも同じ診断結果となっています。


☆シルクウィザード [父リンドシェーバー:母レインボーファスト]

先週5着でした。
揃ったスタートから、先団に取り付いて1コーナーを通過し、3番手でレースを進めると、3コーナーすぎには押っ付け気味の追走になりましたが、3番手キープで4コーナーを回りました。そして直線を向いて、内から懸命に追われると、一瞬伸びかける場面を見せましたが、前が詰まって抜け出せず、勝ち負けの争いには加われませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。


☆シルクアウローラ [父クロフネ:母ダボナアンビション]

千葉県の千代田牧場で調整中です。ウォーキングマシンで40分程度の運動を行った後、600mのトラックコースで、キャンターを2周半、ダクでクールダウンして、再びキャンター2周半のインターバル調教をつけられています。牧場長は、キャンターのペースをあげ、常歩にもじっくり時間をかけている。飼葉の他に青草も与え、体に随分張りが出てきたようだ、と話しています。


☆シルクプロシード [父コマンダーインチーフ:母ブラッシングインザレイン]

ファンタストクラブで調整中です。ダートコースでハッキング2,000mを乗った後、坂路コースでハロン18秒位のキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は、ゴツゴツした歩様は元からだが、競馬場から移動してきた時に比べると、歩様は良くなっている。減っていた馬体も戻ってきたし、あとは調教師と連絡を取り合いながら、函館開催中のレースへ向け、調教を進めていく事にする、と話しています。


☆シルクエレメント [父キンググローリアス:母シルクフローレンス]

北Cコースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教師は、単走で馬なりで追ったが、予定より少し時計が遅かった。新潟のダート1,200mを使うつもりだが、来週は入らないと思うので、2週目か3週目になるだろう、と話しています。
◆調教タイム
  5北C良  74.0-57.1-41.5-13.0 馬なり


☆シルクプライズ  [父Coronado'sQuest:母CitidanceMissy]

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを長めに乗り込むと、今週も坂路では17-17のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、だいぶテンションが上がってきたので、坂路はサッと流すだけにしているけど、相変わらず動きは良く、態勢は整っている、と話すと、確認した調教師の指示で、6日に美浦へ帰厩する事になりました。


☆シルクチャプター [父アフリート:母ノーブルプライド]

JRA競走馬総合研究所で乗り運動30分の調整です。予定通り先週末にエコーによる精密検査を行うと、所長は、今回のエコー検査では、いわゆる抜けているという部分は殆ど無くなっている。ただ、損傷している範囲が狭い割に、ここ1ヶ月の回復具合が今一つなので、もう暫く今のメニューで辛抱したい、と話しています。

スポンサーサイト
この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウイン愛馬の近況 | メイン | キャロット愛馬の近況>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nov521.blog34.fc2.com/tb.php/142-4d7193b9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。