スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シルクウィザード 10/22の出走情報
- 2006/10/21(Sat) -
☆東京11R 銀蹄ステークス(混) (D2,100m)
      10頭 54kg 小林淳一        発走15:30

前走後は短期放牧を挟んで調整され、菊花賞への出走も検討されましたが、こちらに回っており、調教師は「菊花賞も検討していましたが、四位騎手に追い切りで確認してもらったところ、ダートの方が確実で芝の走りではないとアドバイスを受けたので、こちらを使う事にしました。ダートならもっと上に行ける馬だと思うし、ハンデ差もあるので、この馬の競馬が出来れば期待して良いでしょう」と話しています。



ダートでもっと上を目指してほしいと思います!!
この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウインクルセイド 近況と次走予定
- 2006/10/19(Thu) -
ウインクルセイドは、レース後の状態がとっても気になって
いましたが、元気だったようなので安心しました♪
次走で巻き返してほしいと思います!!


 先週、東京土曜8Rに出走したウインクルセイドは、期待に応えられない結果となってしまいました。鈴木伸調教師は、「競馬は残念な結果でしたが、脚元には全く異常はありませんし、元気ですから安心しています」と、レースを振り返りながらもクルセイドを気遣うよう語っていました。
 続けて、「この様子ならこのまま厩舎に置いてすぐに使えそうな感じですから、現時点では中1週の間隔で、来週の東京土曜10R『精進湖特別』芝2000m。もしくは、再来週の福島土曜11R『磐梯山特別』芝2000mの両睨みで調整していこうと思っています」と話し、次走プランを明らかにしていました。
 さて、レース疲れが見られないということで、今朝は南馬場にある角馬場でダクを10分と、1周400mの角馬場で軽めのキャンターでも10分の乗り込みを行っています。脚元が無事であることは何よりも嬉しい知らせです。次走の巻き返しに期待しましょう。

この記事のURL | ウイン愛馬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シルク愛馬の次走予定
- 2006/10/19(Thu) -
☆シルクウィザード
検討の結果 菊花賞を回避することになりました。

日曜日の東京、銀蹄ステークス[騎手未定]に出走予定です!


 今週の情報

芝と坂路コースでキャンターの調整で、11日に併せて時計を出すと、15日にも追い切られています。調教助手は「菊花賞に登録していますが、追い切りの動きや、この馬の素質、適性を考えて、やはり現時点ではダートが向いていると判断しました。菊花賞は回避して、東京のダート戦に向かう予定です」と話しており、今週日曜日の東京、銀蹄ステークスに出走を予定しています。



☆シルクトワイライト
検討の結果、今週の登録は見送り、
来週土曜日の東京、芝2,000mを目指す事になりました。

 今週の情報

レース後も順調で、軽めの運動の調整です。前走騎乗した田中勝春騎手は「ゲートを出ていかなかったので、気合いを付けて出したら怒ってしまいました」と話すと、調教師は「出遅れたので、そのままジッとしていても良かったんですが、少し行かせたら掛かってしまいましたね。チグハグな競馬になってしまったけど、終いまで良く我慢していたと思います。次走は今週東京の芝千八か、来週の芝二千を考えています」と話しており、動きや状態次第で今週の出走を検討しています。

この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニードルポイントの次走予定
- 2006/10/18(Wed) -

18日は角馬場でキャンター調整。「球節の不安は3日くらいで治まりました。1週間は次のレースのことを考えずに馬の様子を見ると決めていましたので、よく見ていたんですが、中2週のレースはやめて、中3週の競馬を使おうと思います。今度は1600m戦なので、距離を縮めてキビキビしたレースをさせてみたいですね。藤田騎手もこの馬に乗りたがっていたのですが、その日は他場で騎乗するそうなので、横山典騎手に依頼しました。前走のレース後、パトロールフィルムを見ている時にこの馬のことを褒めてくれていたので、考えて乗ってくれると思います」(奥平雅師)
11月5日の東京競馬(2歳未勝利・芝1600m)に横山典騎手で出走予定。

この記事のURL | キャロット愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウインクルセイド 10/14のレース結果
- 2006/10/16(Mon) -
10/14(土)
東京 8R 3歳以上1000万下 芝 1800 57.0 横山 典弘 で出走し、
結果は10着でした。。。

横山典騎手が、後方一気にかけたのが裏目に出てしまったとの
ことでしたが・・・・・・。
1頭になるとフワフワしてソラを使うところがあるというところを
横山典騎手に伝えてなかったのでしょうか?
ちょっと納得がいかないレースぶりでした。。。

横山典騎手 スタートのタイミングがいまひとつだったので、脚を溜めて後方一気にかけたんだけど、裏目に出ちゃったなぁ。3コーナーあたりからフワフワしちゃって、ぜんぜん競馬に集中してくれないんだよ。スプリングSみたいな競馬を想定してたんだけど、こんなだったらスタートから気合をつけて前々で競馬すればよかったかもしれないね。返し馬で全体的に少し硬い感じもあったんだけど、それよりも1頭でポツンと追走しちゃったのが裏目に出ちゃいました。

鈴木伸調教師 稽古でも1頭になるとフワフワしてソラを使うところがあるんだけど、今日はその弱点がモロに出ちゃったようです。だから、今日はぜんぜん競馬してませんよ。納得いかない部分もあるし、この内容ならレースのダメージも少ないので、すぐ次を考えたいところだけど、ここで焦りは禁物。脚元に爆弾を抱えている馬ですから、ジックリとレース後の状態を確認してから次走を考えます。

美浦TC担当:坂本の目 やはり1頭になるとダメですね。出遅れのスタート、そしてテンの2Fぐらいは前の2頭がいいスピードで行ったことでペースも速くなりそうな雰囲気でしたから、ジョッキーも腹を括って最後方からの追走になったのですが、ペースも思ったほど速くならず、3コーナーあたりからソラを使い出して馬群から離れてしまったことで、これでは勝負になりませんでした。敗因がハッキリしているとはいえ、今日は負け過ぎの感はあります。このあと馬体のチェックは徹底してくれるでしょうが、何も問題なければ次走は巻き返してくれるでしょう。

この記事のURL | ウイン愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。