スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シルク愛馬の近況
- 2006/07/14(Fri) -
☆シルクトワイライト[父ダンスインザダーク:母シンパティーア]

坂路と南Aコースでキャンターの調整で、ゲート練習も始めています。調教師は、馬っ気が強く、運動で立ち上がったりしている。ゲートは手動でやったが、入りも駐立も素直で問題無さそうだから、どんどん進めていく、と話しています。


☆シルクプラチナム [父サクラバクシンオー:母グラスファッション]

天栄ホースパークでパドック放牧中です。パドック放牧を続けながら、両前脚の状態を確認すると、牧場長は、歩様は徐々に良くなり、触診での反応も無くなってきたけど、もう暫くは治療を続けながら、放牧のみで経過を見ていきたい、と話しています。


☆シルクウィザード [父リンドシェーバー:母レインボーファスト]

レース後も順調で、函館ウッドコースでキャンターの調整です。除外の権利取りという意味合いもあって、今週の函館に特別登録をしていますが、相手関係や頭数なども考慮して、最終的に出馬投票するかどうかを判断する事になっています。
◆調教タイム
 12函W重    69.0-53.4-39.5-12.9 馬なり併入


☆シルクアウローラ [父クロフネ:母ダボナアンビション]

千葉県の千代田牧場で調整中です。ダートコースで、キャンター2,400mから3,000mを乗りながら、週に1度は15-15の調教をつけられると、確認した調教師の指示で13日に帰厩する予定になりました、牧場長は、トレセンでは競馬をする所だと、馬が察知しているのか、厩舎に入ると、飼葉食いが細くなってしまうので、何とか今の体を維持させて競馬を使いたい、と話しています。


☆シルクプロシード [父コマンダーインチーフ:母ブラッシングインザレイン]

ファンタストクラブのダートコースでハッキング2,000mを乗った後、坂路コースで1本目20-20、2本目15-15の調教をつけられると、確認した調教師の指示で12日に函館競馬場へ帰厩しています。牧場長は、体もふっくらしてきたし、この馬は間隔を空けた方が走れる馬かもしれない、と話しています。


☆シルクエレメント [父キンググローリアス:母シルクフローレンス]

北Cコースでキャンターの調整で、12日に時計を出しています。調教師は、先週よりは良くなったけど、まだ本来の仕上がりではないようなので、今週の出走は取り止めて、来週の状態を見て判断したいと思う、と話しています。
◆調教タイム
 12北C良    58.0-43.3-14.7 馬なり


☆シルクプライズ  [父Coronado'sQuest:母CitidanceMissy]

予定通り6日に美浦へ帰厩すると、坂路と南Dコースでキャンターの調整です。厩務員は、こちらに来てからも順調で、爪も大丈夫だ、と話し、調教師は、心臓がまだ全然できていない感じなので、もう少し乗り込まないといけないだろう、と話しています。


☆シルクチャプター [父アフリート:母ノーブルプライド]

JRA競走馬総合研究所で乗り運動30分の調整です。状態は変わりありませんが、引き続き乗り運動を続けながら患部の回復を図っている段階です。次回のエコー検査までは今のメニューを続けていくことになっています。

この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キャロット愛馬の近況
- 2006/07/13(Thu) -
☆ニードルポイント

12日は美浦坂路1本のキャンター調整。「中間は坂路1本だったり、坂路とWコース併用にしたりして、乗り込んでいます。もともと少し左トモに弱い部分があって、その影響で少し右前脚に気になるところはありますが、様子を見ながら調整を進めています。速い時計を出していくのはもう少し先になりますね」(大久保調教厩務員)

この記事のURL | キャロット愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウイン愛馬の近況
- 2006/07/13(Thu) -
☆ウインクルセイド

7/12(水)
  美浦坂路 良 4F ~70.7~53.1~35.5~16.8 (2) 楽走
  美浦坂路 良 4F ~54.4~40.1~26.4~13.1 (4) 馬なり
   併せ馬/ 単走。

 帰厩後も坂路を中心に順調な調整が続いているウインクルセイドは、南馬場でのダク踏みを終えると、今朝も坂路入りして2本の登坂をこなしました。
 1本目は楽走でしたが、2本目は軽く気合をつけられ、14秒3→13秒7→13秒3→13秒1のラップを刻み、4F54秒4で馬なりゴール。9日日曜にも時計を出していますが、その時よりも2秒1速いタイムでした。
 小野寺調教厩務員は、「今日も2本目は軽く時計を出してみました。先週末にもやりましたが、脚元は大丈夫。スッキリしていますよ。ひと追い毎に体も絞れてきていますし、落ち着きもあります。はい、順調にきています」と、嬉しそうにクルセイドの状態を語ってくれています。


☆ウインレジーナ

7/12(水)
  函w 重 助手 5F ~69.4~53.0~38.3~12.6 (6) 強め
   併せ馬/ 単走。

 先週の土曜日に一路函館競馬場を目指してトレセンを出発したウインレジーナは、翌日曜日に無事に到着しています。到着後も輸送熱などもなく順調に出張馬房での生活を開始しました。また今朝は、出走を予定している今週の函館土曜5R芝1200mへ向けて最終追い切りをかけられました。
 5時50分に馬場入りすると、まずは角馬場での乗り込みを10分ほど行い、追い切り前のウォーミングアップを完了。続いてウッドコースへ移ると、ゆったりしたキャンターから徐々にペースを上げて5Fからしまい重点の追い切りとなりました。
 すでに先週も坂路で時計を出していること。そして、長距離輸送を挟んでの今週の出走となるだけに、単走でラスト1F12秒6なら十分でしょう。息遣いを整える意味合いの強い追い切りとなりました。

この記事のURL | ウイン愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シルク愛馬の近況
- 2006/07/07(Fri) -
☆シルクプラチナム [父サクラバクシンオー:母グラスファッション]

天栄ホースパークでパドック放牧中です。パドック放牧を続けながら、脚元の状態を確認すると、予定通り先週末に両前脚のエコー検査を行っています。獣医からは、両前脚ともに深管骨瘤の診断を受けており、特に右前脚は繋靭帯部分に慢性的な炎症も確認されています。右前脚に診断麻酔を行った上で、歩様の確認を行うと、左前脚の跛行を確認しており、今後暫くは放牧を続けながら、ショックウェーブの治療を施していくことになっています。尚、念のために行った別の獣医の診断でも同じ診断結果となっています。


☆シルクウィザード [父リンドシェーバー:母レインボーファスト]

先週5着でした。
揃ったスタートから、先団に取り付いて1コーナーを通過し、3番手でレースを進めると、3コーナーすぎには押っ付け気味の追走になりましたが、3番手キープで4コーナーを回りました。そして直線を向いて、内から懸命に追われると、一瞬伸びかける場面を見せましたが、前が詰まって抜け出せず、勝ち負けの争いには加われませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。


☆シルクアウローラ [父クロフネ:母ダボナアンビション]

千葉県の千代田牧場で調整中です。ウォーキングマシンで40分程度の運動を行った後、600mのトラックコースで、キャンターを2周半、ダクでクールダウンして、再びキャンター2周半のインターバル調教をつけられています。牧場長は、キャンターのペースをあげ、常歩にもじっくり時間をかけている。飼葉の他に青草も与え、体に随分張りが出てきたようだ、と話しています。


☆シルクプロシード [父コマンダーインチーフ:母ブラッシングインザレイン]

ファンタストクラブで調整中です。ダートコースでハッキング2,000mを乗った後、坂路コースでハロン18秒位のキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は、ゴツゴツした歩様は元からだが、競馬場から移動してきた時に比べると、歩様は良くなっている。減っていた馬体も戻ってきたし、あとは調教師と連絡を取り合いながら、函館開催中のレースへ向け、調教を進めていく事にする、と話しています。


☆シルクエレメント [父キンググローリアス:母シルクフローレンス]

北Cコースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教師は、単走で馬なりで追ったが、予定より少し時計が遅かった。新潟のダート1,200mを使うつもりだが、来週は入らないと思うので、2週目か3週目になるだろう、と話しています。
◆調教タイム
  5北C良  74.0-57.1-41.5-13.0 馬なり


☆シルクプライズ  [父Coronado'sQuest:母CitidanceMissy]

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを長めに乗り込むと、今週も坂路では17-17のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、だいぶテンションが上がってきたので、坂路はサッと流すだけにしているけど、相変わらず動きは良く、態勢は整っている、と話すと、確認した調教師の指示で、6日に美浦へ帰厩する事になりました。


☆シルクチャプター [父アフリート:母ノーブルプライド]

JRA競走馬総合研究所で乗り運動30分の調整です。予定通り先週末にエコーによる精密検査を行うと、所長は、今回のエコー検査では、いわゆる抜けているという部分は殆ど無くなっている。ただ、損傷している範囲が狭い割に、ここ1ヶ月の回復具合が今一つなので、もう暫く今のメニューで辛抱したい、と話しています。

この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キャロット愛馬の近況
- 2006/07/06(Thu) -
☆ニードルポイント

5日にゲート試験に合格した。
「先週も出が少し悪かっただけなので、今週は大丈夫だろうと思っていました。カイ食いも落ちていないし、暑さに参っている様子もありません。とりあえず今週一杯はゲート試験の疲れを取る意味でも楽をさせますが、来週からは時計を出していきます。新潟でデビューさせるつもりで調教を積んでいきます」(奥平雅師)

この記事のURL | キャロット愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。