スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
7/2の愛馬出走情報
- 2006/06/30(Fri) -
☆シルクウィザード

  函館12R 恵山特別(混) (D1,700m)
   9頭 54kg 池添          発走16:00

前走快勝の疲れも無く、レース後は函館競馬場に移動して順調に調整されており、調教師は、助手の話では先週は少し動きが重かったらしいが、今週の追い切りでは動きも良かったらしく、良い感じで出走できそうだ。今回は古馬が混じりクラスも上がって厳しいレースになるだろうが、勝ちっぷりも良かったしペースに戸惑わなければ通用しても良いと思うので、目処の立つ競馬をしてほしい、と話しています。

スポンサーサイト
この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キャロット愛馬の近況
- 2006/06/30(Fri) -
☆ニードルポイント

29日にゲート試験を受けるも不合格。
「ゲートを出てからは速かったのですが、出が悪くて落ちてしまいました。まだトモに甘いところもあるので仕方ないでしょう。ただ、大きな出遅れではないので次はおそらく大丈夫でしょう」(奥平雅師)

この記事のURL | キャロット愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シルク愛馬の近況
- 2006/06/30(Fri) -
☆シルクプラチナム [父サクラバクシンオー:母グラスファッション]

天栄ホースパークでパドック放牧中です。乗り運動を始めていましたが、先週末に両前脚の歩様が気になると、大事を取って、再度パドック放牧に切り替えて様子を見ています。今後は、牧場内で両前脚のエコー検査を行う事になっており、さらに状態の確認に万全を期す意味で、別の獣医にも診断を依頼して、セカンドオピニオンを受ける事も考えています。


☆シルクウィザード [父リンドシェーバー:母レインボーファスト]

函館ウッドコースでキャンターの調整で、21日に併せて時計を出しています。調教師は、ハンデ戦まで待ってもいいが、この馬も意外に見込まれるかもしれないから、今週使おうと思っている。向こうに行ってからも状態は良いので、古馬と混じってどこまでやれるかだろう、と話しており、今週日曜日の函館、恵山特別に出走を予定しています。

◆調教タイム
   28 函稍  64.5-50.2-37.3-12.8 一杯先着


☆シルクアウローラ [父クロフネ:母ダボナアンビション]

千葉県の千代田牧場で調整中です。ウォーキングマシンで40分程度の運動を行った後、600mのトラックコースで、キャンターを2周半、ダクでクールダウンして、再びキャンター2周半のインターバル調教をつけられています。牧場長は、徐々に体に芯が入ってきたので、そろそろ厩舎に戻す事も考えている。近々調教師に確認してもらい、今後の予定を立てるつもりだ、と話しています。


☆シルクプロシード [父コマンダーインチーフ:母ブラッシングインザレイン]

ファンタストクラブで調整中です。当初は短期放牧で函館に戻す予定でしたが、状態を確認した調教師から、使ってからまだ歩様がゴツゴツしているのと、体もガレてしまっているので、もう少しこちらで調整することにした。番組はいくらでもあるので、今後は状態見て戻していくつもりだ、と話しがあり、もう暫く放牧を続けることになりました。今週は、本馬場中心にキャンターで2,000mをハロン18秒程度のペースで進めています。


☆シルクエレメント [父キンググローリアス:母シルクフローレンス]

北Bコースでキャンターの調整です。調教師は、輸送しても馬体が減らなかったように、太りやすいタイプなので、新潟開催まで太らせないように上手く調整していきたい。来週から本格的に追っていこうと思う、と話しています。


☆シルクプライズ  [父Coronado'sQuest:母CitidanceMissy]

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長めに乗り込みながら、ハロン20秒程度のペースで進めると、坂路では17-17のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、先週は動きを見る意味で速いところをやったが、今週は気合いを維持する調教にしておいた。相変わらず動きもしっかりして、良い手応えだし、馬体も引き締まっている、と話しています。


☆シルクチャプター [父アフリート:母ノーブルプライド]

JRA競走馬総合研究所で乗り運動の調整です。引き続き左前脚屈腱部の回復を促している段階で、特に状態に変わりはありませんが、今週中にはエコーによる精密検査を予定しており、検査の結果次第では、運動のメニューも変わる可能性があります。

この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウイン愛馬の近況
- 2006/06/29(Thu) -
ウインクルセイドもようやく戻ってきます♪
頑張ってレースに復帰するまでこのまま順調にいってほしいと思います!!


☆ウインクルセイド

6/30(金)に福島県、岩瀬郡の天栄ホースパーク内、ブラストホースステーブルを退厩、美浦:鈴木伸尋厩舎へ帰厩の予定です。
担当者は「ついにお声が掛かりましたね。ウチでは引き続き坂路を2本、ハロン20秒で乗っていますが、変わりはありません。あとはトレセンに入ってペースを上げて、体を引き締めていくだけですね。ただ、何度も言いますが、屈腱炎は完治するものではありません。再発ということもありますし、そこをかばって逆の脚に出てしまったという馬も何度も見てきました。ですから、安心は出来ませんが、でもここまでこれたというのは、この馬が本当に頑張ってくれたからですよ。あとはレースに復帰出来るように、トレセンでもうひと頑張りしてもらいたいですね」と話していました。


☆ウインレジーナ

6/28(水)の調教
栗東坂路 良 4F ~59.8~43.7~29.0~14.4 (8) 馬なり
併せ馬/ 単走。

 函館への移動が予定されているウインレジーナは、持ち乗りの西浦調教助手が騎乗して坂路で15~15秒ペースの軽めの追い切りをかけられました。もちろん、楽走と言ってもいいぐらいの馬なりですが、ラストは14秒4と体調のよさをアピールしています。
 西浦調教師も「競馬を一回使ったことで、いい方に向いてきましたね。はい、しっかりしてきています」と、合格点。来週には函館に移動して、再来週の競馬へ出馬投票していくつもりとのことです。この報告からレジーナの次走は、再来週の函館土曜5R芝1200mが最有力となりました。
 ただし困ったことがひとつ。主戦の本田騎手が骨折して全治2ヶ月の診断となってしまいました。レジーナにとって本田騎手の存在はとても大きな戦力でしたから、このことは新たな悩みとして浮上しています。

この記事のURL | ウイン愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニードルポイントが入厩してました♪
- 2006/06/29(Thu) -
キャロットの初出資愛馬、ニードルポイントが先週入厩していました♪

今月中に入厩する予定とのことだったので、気にしていたんですが
先週は忙しくて、そのうえ体調不良だったので昨日HPを見ました。

近況です♪

6/28
28日は美浦坂路でキャンター調整とゲート練習を消化。「少し馬っ気の強いタイプで、先週はゲートに近づいても周囲の牝馬を気にしていたんですが、今週に入ってからは入りも駐立も問題なくこなしています。少しゲートが開く音には敏感なようで、出は今ひとつなんですが、反応すればすぐにビュンと出て行きますから心配ないでしょう。明日29日に練習がてら試験を受けてみます。合格した後のことは、馬の状態を見て1本くらい速い時計を出してから決めたいですね」(奥平雅師)

6/21
21日に美浦入厩。「ここまで順調に来れましたね。期待している1頭ですし、まずはゲート試験に合格するように調整していきます」(奥平雅師)



わたしも期待しています!!
この記事のURL | キャロット愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。