スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シルク愛馬の近況
- 2006/06/23(Fri) -
☆シルクプラチナム [父サクラバクシンオー:母グラスファッション]

天栄ホースパークでウォーキングとダクで3,000mの調整です。パドック放牧とマシンの運動で歩様の状態を確認すると、予定通り今週から軽く乗り運動を始めています。牧場長は、右前脚は若干気になるけど、以前よりゴツゴツしたところが無くなっている。能力はあると思うが、まだ体質的に弱いところがあり、このまま進めると元に戻る危険性があるので、暫くはダクだけで様子を見る事にする、と話しています。


☆シルクウィザード [父リンドシェーバー:母レインボーファスト]

レース後も順調で、予定通り14日に函館競馬場へ移動しています。調教師は、騎手もこの馬の力を分かっているから自信を持って乗っていたし、あの位置から上手く捌いて差してくれたと思う。使った後も変わり無いので、次走は今のところ来週日曜日の恵山特別を予定している、と話しています。
 ◆調教タイム
  21W稍  68.3-52.6-39.0-13.4 馬なり遅れ


☆シルクアウローラ [父クロフネ:母ダボナアンビション]

千葉県の千代田牧場で調整中です。ウォーキングマシンで40分程度の運動を行った後、600mのトラックコースでキャンターを2周半、ダクでクールダウンして、再びキャンター2周半のインターバル調教をつけられています。牧場長は、今回の休養で、トモがだいぶしっかりし、力強さが出てきた。この状態を保ちながら、更にペースアップして行きたい、と話しています。


☆シルクプロシード [父コマンダーインチーフ:母ブラッシングインザレイン]

先週6着でした。
まずまずのスタートから無理せず後方で1コーナーを回り、最後方からの競馬を見せると、3コーナーすぎもじっくり脚を溜めるように進み、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線では大外に持ち出して懸命に追われると、前の残りの展開で上位を伺うことは出来なかったものの、メンバー中最速の上がりを繰り出して差を詰め、最後は中団まで押し上げています。騎乗した塚田騎手は、終いは良い脚を使っていたが、前半遊ぶようなところを見せたのが勿体なかった。ダートは問題無いと思う、と話し、調教師は、1週間ぐらい短期放牧に出して、また使っていく事にする、と話しており、21日に北海道門別のファンタストクラブへ放牧されています。


☆シルクエレメント [父キンググローリアス:母シルクフローレンス]

先週5着でした。
五分のスタートから中団に付け、6番手辺りでレースを進めると、道中は終始押っ付け通しの厳しい展開になりましたが、5番手で4コーナーを回りました。そして直線では大外に持ち出して懸命に追われると、最後まで渋太く、勝ち馬と差の無いところまで詰め寄りましたが、惜しくも上位には食い込めませんでした。レース後も順調で、21日に美浦へ帰厩しています。騎乗した木幡騎手は、道中追い通しで、この距離は忙し過ぎた、と話し、調教師は、距離は忙しかったけど、終いは良く伸びていたし、直線が長ければ勝てたかも知れない。次は新潟のダート千二を目標にしたいと思う、と話しています。


☆シルクプライズ  [父Coronado'sQuest:母CitidanceMissy]

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを長めに乗り込みながら、9から10ハロンを20秒程度のペースで進めると、先週は坂路で13-13のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、坂路で強く追ってみたが気合の入った良い動きだった。まだ少し馬体に余裕はあるけど、動き自体にキレがあり、このまま馬体を引き締めながら、帰厩に備え乗り込んでいく事にする、と話しています。


☆シルクチャプター [父アフリート:母ノーブルプライド]

JRA競走馬総合研究所で乗り運動の調整です。引き続き左前脚屈腱部の回復を促している段階で、特に状態に変わりはありませんが、次回のエコー検査までは、今のまま様子を見ることになっています。所長は温泉療養はツメに良くないようなので、暫くは乗り運動だけにして様子をみる、と話しています。

この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウイン愛馬の近況
- 2006/06/22(Thu) -
☆ウインクルセイド

 現在、福島県、岩瀬郡の天栄ホースパーク内、ブラストホースステーブルにて調整中。ウォーキングマシンを50分、馬場にてダク1400m、ハッキング1000m、坂路をキャンターにて2本消化しています。担当者は「引き続き坂路を2本、ハロン20秒くらいで乗っていますよ。何度も言いますが、この稽古で脚元に不安が出ることはありませんし、体も今の稽古だと、これ以上仕上げるというのは無理です。それぐらいのところまで来ました。あとはトレセンに入って、強い稽古をやって、体を作っていくだけです。連絡が入れば帰厩となりますね」と話していました。
 また、本日21日鈴木伸調教師から坂本取材局長に連絡が入りました。「クルセイドなんですけど、来週の検疫を申し込もうと思います。ただ、今週の検疫なんかを見ても何百頭もあふれている状態で、なかなか希望通りにはいかないんです。うまく抽選に入れば来週の帰厩ですが、延びる可能性もあります」とのことでした。



☆ウインレジーナ
 6/18 京都 3R 3歳未勝利 芝 1600  12/18 着
レース後のコメントです。

石橋守騎手
 スタートから出たなりであの位置に付けられるように良いスピードがあります。ただ今日は馬場が思ったよりもゆるくて、ノメってはハミを噛んでノメってはハミを噛んでの繰り返し、スムーズな競馬が出来ませんでした。初めての競馬ということもあって、少しムキになってもいましたしね。そういう競馬だったので、最後は無理をしませんでしたが、返し馬でも力強いフットワークを感じましたし、能力あると思いますよ。次が楽しみです。

柳田調教助手
 骨折から弱いところもあって、ようやくここまで来た馬ですからね。仕上がりは悪くなかったんですが、初めての競馬で半信半疑でした。ジョッキーが言っていたように、馬場が合わなかったようですね。でも、乗った人間が皆走ると言ってますから、能力は間違いなくあるはずです。とりあえず上がりの歩様はシャキシャキして問題なかったですから、競馬の後2、3日問題がなければ次は大いに期待できると思います。

WRC事務局:飯塚の目
 初出走にしてはパドックでも落ち着きがありました。多少の物見はありましたが、初輸送も問題なくクリアしてくれたようです。ただ、返し馬では頭を上げていたように若さも覗かせていました。好位から直線伸びずというレースでしたが、話を聞くところ馬場に問題があったようです。石橋騎手の開口一番が「走りますよ、この馬」ですから、無事に次走を迎えられれば、良馬場限定に好レースが期待できそうです。



次走については、中2週の間隔をあけて、7月9日、京都日曜4R芝1400mに向かうか、函館に行くかのどちらかだそうです。

この記事のURL | ウイン愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホタルの写真
- 2006/06/19(Mon) -
日曜日にホタルの写真に挑戦しました!

でも、三脚を忘れてしまったので
良く撮れてはいないんですが・・・。(^^;)

動いているホタルは無理なので、今回は葉っぱの上にいる
ホタルを撮影してみました。^^
ホタル-1
これは、一応ホタルに見えますか?(笑)

ホタル-2

こちらは、ホタルを見たことがある人にしか、わからないかも
しれませんね。。。(^^ゞ

ホタル-3

まだ見たことがない方は、機会があったらぜひ見に行ってみて
ください。
あの光を見ていると、きっと幸せな気分になれると思います♪
この記事のURL | 写真 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
6/18の愛馬出走情報
- 2006/06/17(Sat) -
今週は、日曜日に3頭出走します♪

☆ウインレジーナ
 京都 3R 3歳未勝利   芝 1600
  18頭1枠2番 54kg 石橋 守       発送11:10

西浦調教師のレース見解は「気持ち悪いぐらいに順調に来たけど、初戦から勝ち負けとまではいかないでしょう。次が楽しみになるような競馬ができたらいいですね」と控えめですが、レジーナに跨った人(本田騎手、柳田調教助手)は「いいとこありますよ」と言ってくれていました。

☆シルクエレメント 
 函館7R 500万下  (D1,000m) 
   12頭6枠8番 57kg 木幡       発走13:10

当初は福島での出走を予定していましたが、除外が確実だった為こちらに回っており、調教師は、福島では来週まで待っても入りそうにないし、仕上がりは良いので函館に行くことにした。1,700mだとこの馬にとっては長いと思うので、少し短いかも知れないが1,000mを使う、と話しています。

☆シルクプロシード 
 函館8R 500万下  (D1,700m)
  12頭8枠12番 54kg 塚田       発走13:40

中間は短期放牧を挟んでリフレッシュを図ると、帰厩後は函館開催を目標に態勢を整えており、調教師は、函館に着いてからも順調で、良い状態をキープしているようだ。このところもう一つの結果が続いているので、滞在競馬で切っ掛けを掴んでほしい、と話しています。なお、今回はブリンカー着用で出走します。

ウインレジーナは、デビュー戦です♪
この世代で一番早いと思っていたのに、体質が弱くここまで遅れて
しまいました。
今回は、次が楽しみになるレースをしてくれれば嬉しいです。

シルクエレメントは、順調そうなので今回は頑張ってくれると思います!!!

シルクプロシードも調教の動きは良いようです!
鞍上も替わるので、いい面がでてくれることを期待しています♪
この記事のURL | 愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シルク愛馬の近況と調教タイム
- 2006/06/16(Fri) -
☆シルクプロシード [父コマンダーインチーフ:母ブラッシングインザレイン]

予定通り8日に函館競馬場へ移動すると、函館Wコースでキャンターの調整で、14日に併せて時計を出しています。函館競馬場に到着後も特に変わりは無いようで、検討の結果、今週日曜日のダート1,700mに出走を予定しています。


☆シルクエレメント [父キンググローリアス:母シルクフローレンス]

北Cコースでキャンターの調整で、8日と14日に時計を出すと、15日に函館競馬場へ移動する予定となっています。調教師は、福島では出走できそうにないので、函館で使う事にした、と話しており、今週日曜日の函館、ダート1,000mに出走を予定しています。


☆シルクプライズ  [父Coronado'sQuest:母CitidanceMissy]

天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。歩様を確認しながら、トラックコースをじっくり乗り込んでおり、9から10ハロンを20秒程度のペースで進めると、引き続き坂路で2度17-17と15-15のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、骨瘤の状態は変わり無く、歩様も問題無いので、引き続き週1本15-15を入れながら乗り込んで態勢を整えていく事にする、と話しています。


☆シルクチャプター [父アフリート:母ノーブルプライド]

JRA競走馬総合研究所でウォーキングマシンと乗り運動の調整です。エコー検査でも回復が確認されており、予定通り先週末から乗り運動の時間を30分に延ばしています。今後もエコーの結果を見ながら、メニューを考えていくことになっています。



◆調教タイム

☆シルクプロシード 
   14函W良 70.6-55.6-41.1-12.8 (8)馬也併入
☆シルクエレメント
   14C良  66.8-52.0-38.3-12.4 (6)一杯

この記事のURL | シルク愛馬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。